Echo Show 5で格安SIMを使ったときのデータ通信量(テレビ電話、待機時、音楽再生のときの消費量)

アイキャッチ商品レビュー
スポンサーリンク

Echo Show 5で格安SIMを使ったときのデータ通信量

以前に、下記の記事を書いて、田舎の母親とEcho Show 5を使ってテレビ電話をする方法を説明した。
その時に、母の家にはインターネット環境がないので、簡単にWi-Fi環境を構築する方法として、SIMフリールーターと格安SIMを使う方法を紹介した
本記事では実際に、Echo Show 5で格安SIMを使った場合のデータ通信量を測定したので報告する。

IIJmioの格安SIMを使ったときのデータ通信量

格安SIMはIIJmioを使用し、消費量はIIJmioのデータ管理ソフト「みおぽん」を使用して測定した。

テレビ電話を行ったときのデータ通信量

スマホとEcho Show 5でテレビ電話を行ったときの、Echo Show 5側のデータ通信量を測定した
IIJmioの格安SIMには高速モードと低速モードがあるので、両方測定した
測定はIIJmioのデータ通信量の管理アプリ(みおぽん)を使って行った。
測定値は条件で多少ばらつくので、あくまでも目安ということで参考値である

テレビ電話のデータ通信量
高速モードタイプD(ドコモ回線)タイプA(au回線)の両方とも約15MB/分であった。
低速モードタイプD(ドコモ回線)約4MB/分で、タイプA(au)約3MB/分であった。

Echo Show 5の通話中のデータ消費量
Echo Show 5側のデータ通信量
みおぽん
みおぽん

テレビ電話をしたとき

Echo Show 5で格安SIM(IIJmio)を使ったときのデータ通信量
用途タイプモード通信量(MB/分)
テレビ電話

タイプD(ドコモ)高速約 15
タイプA(au)高速約 15
タイプD(ドコモ)低速(200kbps)約 4
タイプA(au)低速(200kbps)約 3
高速モードと低速モードのときのテレビ電話の使い心地について
  • 高速モードのとき
    • 速度は数Mbpsであるが、画質、音声とも問題ない
  • 低速モードのとき
    • 速度は200kbpsという仕様であるが、意外に粗くはなく相手の顔は認識できる。
      数秒に1回程度カクつくことはあるが特に気にならない。
      音声はざらついた感じで、少し聞き取りにくい。ゆっくり話をすれば、なんとか聞き取ることができる。
      低速モードは高速モードに比べると、全体的に滑らかさがないが、データ通信量がなくなったときの予備と考えれば価値はある。
      注記
      IIJmioの場合低速モードの200kbpsは3日で366MB以内のときの速度であり、超えるとさらに遅くなる。そのときはテレビ電話としては使えないレベルになると考えられる。
3GBプランで通話できる時間

ひと月3Gのプランで使うと、消費量を15MB/分として、200分程度通話ができる。
1回に10分として、ひと月20回通話できる。
通話のみであれば上記の通話時間と回数であるが、通話していないときの待機時のデータ通信量が、上記の通話時間と回数に影響してくる。次項で待機時のデータ通信量を検証した。

待機画面の天気予報やニュースのデータ通信量

EchoShow 5は待機時に次のような画面になり、天気予報やニュースが表示されている。
この待機時のデータ通信量が、通話できる時間に影響してくるので検証を行った。

待機画面

EchoShow 5の待機画面

Echo Show 5で格安SIM(IIJmio)を使ったときのデータ通信量
用途タイプモード通信量(MB/分)
待機画面タイプA(au)高速約 0.02
タイプA(au)低速(200kbps)約 0.02
画面をOFFにした状態での、待機時のデータ通信量

アレクサに「画面をOFFにして」と言うと、画面が真っ暗になる。
もし、画面をOFFにした状態でデータ通信をしていなければ待機時のデータ通信量抑えることができる
検証した結果、画面がONの状態と変わらず、データ通信をしていた。消費量も同じであった。

画面をOFFにした状態
Echo Show 5で格安SIM(IIJmio)を使ったときのデータ通信量
用途タイプモード通信量(MB/分)
待機画面OFF時タイプA(au)高速約 0.02
待ち受け画面の1ヶ月のデータ通信量
  • 高速モードで約893MB
  • 低速モードで約893MB

高速モード、低速モードのどちらでも、1ヶ月で約893MB通信してしまう
従って、3GBプランでテレビ電話として使えるデータ通信量は残りの2107MBになる

低速モードの場合も1ヶ月で約893MB通信してしまうが、低速モードでの通信量は無料であるので高速モードのデータ残量は減らない
従って、通話が終わった後データ管理アプリの「みおぽん」で、低速モードに切り替えれば3GB全てテレビ電話に使うことができる
「みおぽん」は自分のスマホに入れておき、母との会話が終わったら、こまめに切り替えるようにすればよい。

音楽を1曲聞いたときのデータ通信量

AmazonのPrime会員に入っているとPrime Musicが無料である。
音楽を1曲聞いたときのデータ通信量4分の曲で約14MBであった。
3GBプランであれば、約214曲聞ける計算になる。
低速モード(200kbps)では途中で何回も止まり音楽再生は無理であった

Echo Show 5の音楽のデータ消費量

Prime Musicを再生しているところ

Echo Show 5で格安SIM(IIJmio)を使ったときのデータ通信量
用途タイプモード通信量(MB/分)4分の曲の場合
音楽再生タイプA(au)高速約 3.5約14MB

低速モード(200kbps)は音楽を連続再生できないので、使い物にはならない。

音楽再生

低速モードで音楽再生しているところ

まとめ

格安SIM(IIJmio)の3GBプラン(900円/月)でテレビ電話をしたときの、1ヶ月の使用状況を下図にまとめた。

Echo Show 5を母の家に設置して、電源は入れたままで次のように使用する。

  • 待機画面には時計、天気予報、ニュースが表示される状態にする。
  • テレビ電話は1回10分で4日ごとにかけることにし、8回/月とする
  • Prime会員に入っている場合、Prime musicが無料なので1日2曲を音楽再生する。

以上の条件で使ったときの状態が下図になる。
データ通信量は(2750MB/3GB中)であった。
さらにデータ消費量を節約するために、IIJmioのデータの管理アプリ(みおぽん)を使って待機時の状態を低速モードに切り替えれば、1116MBを節約できる。
テレビ電話であれば74分、音楽再生(4分)であれば79曲多く使うことができる。

1ヶ月のテレビ電話使用量の目安

以上のように、インターネットを使わない母親の場合は格安SIMで十分にテレビ電話ができる。
格安SIMによっては、高速モードと低速モードの切り替えができないメーカもある。
切り替えができないと、待機時のデータ通信量を有効に使えないことになる。
IIJmioと似たプランのmineoは高速モードと低速モードの切り替えができる。

コメント

  1. あきひひ より:

    はじめましてー。
    echoShowを使ったテレビ電話の情報は素晴らしいです。
    分かりやすく整理されていて参考になります。私も同じような使い方をしていますが、この情報を知っていればもっと参考になったと思います。環境・設定方法と費用もしりたいですが、速度と動作、通信量なんかも、知りたかったです。

    ちなみに私の場合はこのような環境です。
    自分スマホ 2台 ~ 実家母 echoShow5 1台
    ルータ:Speed Wi-Fi HOME L01(メルカリで購入)
    回線:イオンモバイル シェア音声タイプ