スポンサーリンク

Echo シリーズの「呼びかけ」機能の許可/不許可の設定方法

アイキャッチ_「呼びかけ」の表紙Echo
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Ⅰ.Echo シリーズの「呼びかけ」の設定方法

Echoシリーズの「呼びかけ」は相手側の応答なしでつながってしまう機能であるため、いくつかの許可設定が設けられている

「呼びかけ」の許可に関する設定次の3つの場合があり、その組み合わせで「呼びかけ」の使い方に制限をかけることができる

1.「自分のホームデバイス間と自分から連絡先」の「呼びかけ」許可/不許可の設定

ホームデバイス間と連絡先

2.「ホームデバイスのEchoシリーズ端末毎」の「呼びかけ」受信制限の設定。(受信制限は3通りで設定できる)

Echo-端末

3.「連絡先から」の「呼びかけ」許可/不許可の設定

連絡先間の設定

上記3つの場合の「呼びかけ」許可設定の方法について、順に説明を行う

1.「自分のホームデバイス間と自分から連絡先」の「呼びかけ」許可/不許可の設定方法

自分のホームデバイス間と連絡先への通話パターンは下図の①~⑤である。

このホームデバイス間と連絡先への①~⑤で「呼びかけ」機能を使うかどうかの選択スイッチが設けられている
その設定は自分(A太郎)のAlexaアプリのホーム連絡連絡先A太郎のコミュニケーションの設定の「呼びかけ」許可/不許可のスイッチで行う

ホームデバイス間と連絡先

(1)「呼びかけ」許可設定に関係なく、「呼びかけ」ができないパターン

②のスマホにかけるパターンは元々「呼びかけ」ができない仕様のようである
説明書の中で、「登録された連絡先は呼びかけ機能を使ってEchoシリーズ端末に連絡できる」と書いてあるが、「スマホのAlexaアプリに連絡できる」とは書いていない。
実際にスマホのAlexaアプリの連絡先に「呼びかけ」を行ってもスマホは応答しない

「呼びかけ」ができないパターン

(2)「呼びかけ」のできる通話パターン

自分(A太郎)のAlexaアプリの「連絡先のA太郎のコミュニケーションの設定」の「呼びかけ」許可/不許可スイッチONにすることで、A太郎のホームデバイス間と連絡先への①,③,④,⑤の「呼びかけ」が可能となる

Echo Show 5間
ホームデバイス間で「呼びかけ」ができるパターン
スマホからEcho Show 5
ホームデバイス間で「呼びかけ」ができるパターン
ホームデバイス間から連絡先
連絡先へ「呼びかけ」ができるパターン

(3)自分のホームデバイス間と自分から連絡先への「呼びかけ」を使うための設定方法

A太郎のスマホのAlexaアプリの「ホーム」→「連絡」→「人型アイコン(連絡先)」から自分である「A太郎」をタップする。

Aさんの連絡先カードの呼びかけ設定ホーム→連絡先_

A太郎の連絡先画面が開くと「呼びかけ許可スイッチ」がある。
「ON」にするとA太郎のホームデバイス間とA太郎から連絡先への「呼びかけ」が許可される。

Aさんの連絡先カードの呼びかけ設定ON
1)設定例
①連絡先(A太郎)の「呼びかけ」許可スイッチをONにしたとき

スマホのAlexaアプリで、連絡先(A太郎)の「呼びかけ」許可スイッチONにする。

「呼びかけ」許可スイッチをONにすると、下図の①,③,④,⑤の「呼びかけ」ができるようになる。②は元々できない仕様である。

ホームデバイス間と連絡先への「呼びかけ」許可状況ONのとき

②連絡先(A太郎)の「呼びかけ」許可スイッチをOFFにしたとき

スマホのAlexaアプリで、連絡先(A太郎)の「呼びかけ」許可スイッチOFFにする。

「呼びかけ」許可スイッチをOFFにすると、ホームデバイス間と連絡先への「呼びかけ」ができなくなる。
下図の②は元々できない仕様であるが、①,③,④,⑤の「呼びかけ」もできなくなる

ホームデバイス間と連絡先への「呼びかけ」許可状況OFFのとき

「呼びかけ」許可スイッチをOFFにした後で呼びかけ」をすると、次のような画面が現れて「呼びかけ」ができない

Echo Show 5の画面から「呼びかけ」をしようとしたとき

Echo Show 5の「呼びかけ」拒否の画面

スマホのAlexaアプリから「呼びかけ」をしようとしたとき

画面操作_連絡,呼びかけタップ

2.「ホームデバイスのEchoシリーズ端末毎」の3通りの「呼びかけ」受信制限の設定方法

(1)「ホームデバイスのEchoシリーズ端末毎」の3通りの「呼びかけ」受信制限

前節1の「自分のホームデバイス間と自分から連絡先」の「呼びかけ」許可/不許可設定とは別に、「ホームデバイスのEchoシリーズの端末毎に3通りの「呼びかけ」受信制限を設定できるようになっている

自分のホームデバイス間で「呼びかけ」を使えるようにするには前節1の「自分のホームデバイス間と自分から連絡先」の「呼びかけ」許可設定がONで、各ホームデバイスのEchoシリーズ端末毎に設けられている3通りの「呼びかけ」受信制限がオン」又は「ホームデバイスにチェックされている必要がある
この設定が「オフ」にチェックされているときは前節1の「自分のホームデバイス間と自分から連絡先」の「呼びかけ」許可設定がONになっていても、その「オフ」の端末と「呼びかけ」ができない

Echo-端末

上図のような同じAmazonアカウントで登録されている各ホームデバイスのEchoシリーズ端末3通りの「呼びかけ」受信制限スマホのAlexaアプリからできるようになっている

「呼びかけ」は受信側の応答なしでつながってしまう機能であるため、「各ホームデバイスのEchoシリーズ端末毎」に3通りの「呼びかけ」受信制限を設けて、自分の判断で受信制限を選択できるようになっていると考えられる

(2)「ホームデバイスのEchoシリーズ端末毎」の「呼びかけ」の3通りの受信制限の設定方法

スマホのAlexaアプリから「ホーム」→「デバイス」→「Echo Alexa」を選ぶ。
すると、ホームデバイスの全ての端末が表示される
3通りの「呼びかけ」の受信制限の設定はEcho シリーズの端末のみである
ここではEcho Show 5の「一階」「二階」「三階」である

Aさんのデバイスの呼びかけ設定①

「一階」をタップすると、「一階」の設定画面が開く。
「コミュニケーション」を選ぶと「コミュニケーション」の設定画面が開く。
「呼びかけ」を選ぶと「呼びかけ」の設定画面が開く。
ここで3通りの「呼びかけ」の受信制限が設定できる。

Aさんのデバイスの呼びかけ設定②

その3通りの受信制限とは

  1. オン」にチェックをしたときの設定は連絡先(自分の連絡先も含む)の「呼びかけ」許可設定で許可した連絡先に、このデバイス(Echoシリーズの端末)への「呼びかけ」を許可する設定である。
    従って、許可されていない連絡先からのこのデバイス(Echoシリーズの端末)への「呼びかけ」はこの設定が「オン」でも拒否されてしまう
  2. ホームデバイス」にチェックをしたときの設定はホームデバイス(同じAmazonアカウントで登録されたEcho シリーズの端末間とスマホ)からこのデバイス(Echoシリーズの端末)への「呼びかけ」を許可する設定である
    従って、自分以外の許可されている連絡先から「呼びかけ」がかかって来ても連絡先はホームデバイス以外になるので、このデバイス(Echoシリーズの端末)への「呼びかけ」は拒否されてしまう
  3. オフ」にチェックをしたときはこのデバイス(Echoシリーズの端末)への全ての「呼びかけ」は拒否されてしまう

ここでのデバイス(Echoシリーズの端末)の設定は前節1の自分のホームデバイス間と自分から連絡先」の「呼びかけ」の許可/不許可を選択する方法での設定が不許可でも、このデバイス(Echoシリーズの端末)の受信制限が「オン」にチェックをしてあれば「呼びかけ」を許可された連絡先からの「呼びかけ」を受信することができる
すなわち、自分(A太郎)のAlexaアプリの連絡先の「A太郎のコミュニケーションの設定」の「呼びかけ」許可設定を不許可にしてホームデバイス間での「呼びかけ」を使えなくしていても、Echoシリーズの端末の受信制限が「オン」にチェックをしてあれば「呼びかけ」を許可されている連絡先からの「呼びかけ」はかかってくるということである

連絡先からの「呼びかけ」

3.「連絡先から」の「呼びかけ」の許可/不許可の設定方法

(1)「連絡先から」の「呼びかけ」の許可/不許可について

「呼びかけ」は受信側の応答なしでつながってしまう機能であるため、自分以外の連絡先からの「呼びかけ」の許可/不許可を、自分の判断で選択できるように設定項目が設けられている

(2)「連絡先から」の「呼びかけ」の許可/不許可の設定方法

連絡先間の設定

A太郎への「呼びかけ」に関して、Bツルは許可するC一郎は許可しない場合の設定方法は次のように行う。
A太郎のスマホの連絡先にあるBツルC一郎の「呼びかけ」許可/不許可スイッチを、BツルはONC一郎はOFFに設定する。

Aさんの連絡先カードのBさん、Cさん
Bさん、Cさんの呼びかけ設定

上記の設定でBツルはA太郎に対して呼びかけは可能になった
但し、前節で説明したように、Bツルはこの設定で許可されていても、A太郎のホームデバイスのEchoシリーズ端末毎の「呼びかけ」受信制限が「オン」にチェックされた端末だけにしか「呼びかけ」ができない
すなわち、A太郎のホームデバイスの全ての端末が「オン」以外にチェック(「ホームデバイス」又は「オフ」)のときは上図の項目(A太郎へのBツルからの呼びかけ許可スイッチ)が許可されていても、BツルはA太郎に「呼びかけ」をすることはできない

Ⅱ.「連絡先から」の「呼びかけ」を、好きな端末を指定して受信できるようにする設定方法

連絡先から「呼びかけ」がかかってくる条件は連絡先の「呼びかけ」の許可/不許可のスイッチが「許可」に設定してあり、かつEchoシリーズ端末の「呼びかけ」受信制限が「オン」にチェックされている状態のときである
しかし、Echoシリーズ端末の初期設定は「オン」がチェックになっているので、下図のEchoシリーズ端末の「一階」「二階」「三階」は3台共「オン」にチェックの状態であり、連絡先からかかってくる条件になっている
しかし、「呼びかけ」は応答画面なしでかかるので、1台にしかかからない仕様である。では、どのEcho端末にかかってくるのかが疑問になる。実際に、動作を検証すると最後にAmazonアカウントを登録した端末から優先順でかかるようである。これでは優先的に「呼びかけ」を受信する端末を指定できない
これは、全ての端末を初期設定の「オン」にチェックの状態にしているから、そんな疑問が浮かぶのである。

端末の設定が全て①の場合
端末の設定が全て①の場合

設定を「オン」にチェックするEcho端末を1台にすればその端末に許可されている連絡先からの「呼びかけ」がかかてくるように指定することができるのである
その端末を連絡先間の「呼びかけ」の受信用端末として指定することができる
例えば、「オン」にチェックするのは1台だけにして、残りの2台は「ホームデバイス」にチェックにしておくのである。
このようにすることで、「オン」にチェックした1台だけを連絡先からの「呼びかけ」受信用端末に指定しホームデバイス間では3台が自由に「呼びかけ」ができる状態を作りだすことができる

受信専用端末
①の設定を1台だけにすることで、連絡先からの「呼びかけ」の受信端末を①に設定した1台に指定することができる

「呼びかけ」受信設定のオフをチェックすれば「呼びかけ」が許可されている連絡先からかかって来ても、受け付けない端末を作ることができ、「ビデオ通話」専用の端末にできる

Ⅲ.結論

「呼びかけ」受信側が応答しなくてもつながってしまうという機能であるため、Alexaアプリの設定の中にプライバシーを守るための設定いくつも組み込まれている
これらの設定を理解してうまく使うことで、「呼びかけ」という通話機能のメリット安全に最大限利用することができる。
「呼びかけ」のメリットの一つに、「受信側の母親は端末を全く操作せずに、テレビ電話に出ることができる」があると思う。
これは今までの電話にはない発想であり、実際に非常に役立っている機能である
しかし、前述した設定を理解していないと親しくない連絡先に「呼びかけ」許可の設定をしてしまい、知らない間に「呼びかけ」で部屋を見られてしまうことも起こりうるのである。
このように「呼びかけ」の機能を安全に便利に使いこなすためにも、この記事で説明した「呼びかけ」の許可設定を十分に理解して使いこなす必要があると思う。

キジバトの雛が巣から落下!(キジバトの巣づくり2020)

コメント

  1. ちゅんこ より:

    はじめまして。
    スマホ端末からアレクサアプリにアクセスし、連絡先にアクセスすると、【呼びかけを許可】スライドボタンが表示される方とされない方がいます。
    なぜなのでしょうか?
    もしご存知でしたら教えていただけますと幸いです。宜しくお願い申し上げます。

    • たんてったんたんてったん より:

      こんばんは
      連絡先に表示される【呼びかけを許可】のスライドボタンが表示されないのですね?
      質問の状況になったことがないので分かりません。
      申し訳ありません。

    • たんてったんたんてったん より:

      こんにちは
      先日の質問の件ですが、
      私はスマホの連絡先とAlexaアプリを同期せずに、Echoシリーズの端末を持っている連絡先のみ登録していたので、登録している連絡先は全て【呼びかけを許可】スライドボタンは表示されていました。
      しかし、スマホの連絡先を同期させた場合はAlexaアプリをスマホに入れていない人も、Alexaアプリの連絡先に表示されます。
      この場合、Alexaアプリをスマホに入れていない人の連絡先には【呼びかけを許可】スライドボタンは表示されません。
      これぐらいしか、思いつかないのですが、よろしくお願いします。