スポンサーリンク

同じAmazonアカウントのEcho Show 5どうしの「ビデオ通話」と「呼びかけ」

アイキャッチ_Echo Show 5間Echo
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Ⅰ.Echo Show 5で構築したテレビ電話のつながり方の検証結果

Echo Show 5間のつながり方結果

上図はEcho Show 5を使って「ビデオ通話」「呼びかけ」を行ったときの、つながり方の検証結果である。
この記事では①の同じホームデバイスであるEcho Show 5間「ビデオ通話」「呼びかけ」を行ったときの「かけ方とつながり方」を詳細に説明する

Ⅱ.①の「かけ方とつながり方」の詳細説明(「ビデオ通話」「呼びかけ」)

下図はA太郎のAmazonアカウントで登録した、連絡先(A太郎)の構成図である。

①Echo Show 5の通話

連絡先にホームデバイスを構築する方法に関しては、次の記事を参照のこと。

3台のEcho Show 5間の通話のパターンは6通りあるが、全て同じつながり方をするので、下図のように、「一階」から「二階」へかける場合を例に取って説明する

ホームデバイス間での通話

Echo Show5間で「ビデオ通話」、「呼びかけ」をするときの操作方法は下図のように2通りある。
下図①②の順に、「かけ方とつながり方」の説明を行う。

Echo Show5間で
「ビデオ通話」、「呼びかけ」をするときの
2通りの操作方法

操作方法

1.Echo Show 5間の「ビデオ通話」

(1)アレクサに話しかけて「ビデオ通話」をリクエストするときの「かけ方とつながり方」の説明

話しかける

「一階」というデバイス名の
Echo Show5の画面に向かって
「アレクサ」と言う。

一階 
一階 

アレクサ

画面の下側が「青く光って質問の待ちの状態になる。青い光が消えない間に頼む。

アレクサに反応した画面
Echo Show 5(一階)
一階 
一階 

二階に「ビデオ通話」でかけて

一階
一階

二階というデバイスが見つかりました。
このデバイスにかけますか?

一階 
一階 

はい

一階
一階

二階にかけます

Echo Show 5(一階)Echo Show 5(二階)を呼び出している画面
相手が応答するまでは自分の顔が画面に映っている。

ビデオ通話の呼び出し画面

二階
二階

家からです。

Echo Show 5(二階)の応答画面は「一階からと表示されないで「と表示される。アレクサも「からですとアナウンスをする。

アレクサは発信側の認識をデバイス名ではしていなくて、デバイスに設定されているAmazonアカウントのAlexaアプリの登録者名で認識している。
従って、この場合デバイス名の「一階」ではなく「A太郎」になるところであるが、Amazonアカウントに登録するときに設定を要求される音声登録をしていなければ「A太郎」である確認ができないので、「家」とアナウンスし画面に表示するのだと考える。
ちなみに、音声登録すると「家」ではなく「A太郎」とアナウンスし画面表示された。

応答ボタンをタップすると相手とつながる。

「家」と表示される応答画面

相手とビデオ通話ができる状態になる。

「一階」と「二階」で通話をしているところ

画面をタップすると「終了」、「ビデオオフ」、「ミュート」ボタンが表示される。

終了するときには「終了」ボタンをタップする。

終了ボタン

結果(条件:①Echo Show 5間 ②「ビデオ通話」③アレクサに話しかけてリクエスト)

「ビデオ通話」は問題なくつながったが、受信側にアナウンスされ表示される名前は発信側のデバイス名の「一階」ではなかった。

表示される名前はデバイス名ではなく、発信者名を認識して表示するのが仕様のようである。

発信者がアレクサに話しかける場合は音声認識をして、その名前をアナウンスし表示する。
従って、音声登録していないと、誰なのか認識できないので「家」と表示されるのだと考える。

デバイス名ではなく、発信者名が表示されるのは仕様のようであるので、
つながり方の判定はとした。

(2)画面操作で「ビデオ通話」をかけるときの「かけ方とつながり方」の説明

画面操作

「一階」というデバイス名の
Echo Show5の画面で操作を行う。

ホーム画面の右端から左にスワイプする。

スワイプ
Echo Show 5(一階)

クイックアクセスメニューが開く。左上のコミニュケーションをタップする。

コミニュケーション画面
Echo Show 5(一階)

メニューが開く「ビデオ通話」が無いので「コール」をタップする。

コミニュケーション画面のメニュー
Echo Show 5(一階)

デバイスが表示されているので、「二階」を選んでタップする。

デバイスを選ぶ
Echo Show 5(一階)
Echo Show5
Echo Show5

二階にかけます。

一階のEcho Show 5が二階を呼び出している画面

ビデオ通話の呼び出し画面
二階
二階

「A太郎」からです。

二階のEcho Show 5の応答画面は「一階からと表示されないで「A太郎と表示される。アレクサも「A太郎からですとアナウンスをする。

アレクサは発信側の認識をデバイス名ではしていなくて、デバイスに設定されているAmazonアカウントのAlexaアプリの登録者名で認識している。
従って、この場合デバイス名の「一階」ではなく「A太郎」になる。

応答ボタンをタップすると相手とつながる。

「A太郎」と表示される応答画面

相手とビデオ通話ができる状態になる。

「一階」と「二階」で通話をしているところ

画面をタップすると「終了」、「ビデオオフ」、「ミュート」ボタンが表示される。

終了するときには「終了」ボタンをタップする。

終了ボタン
結果(条件:①Echo Show 5間 ②「ビデオ通話」③Echo Show 5の画面操作でリクエスト)

「ビデオ通話」は問題なくつながったが、受信側にアナウンスされ表示される名前は発信側のデバイス名の「一階」ではなかった。

表示される名前はデバイス名ではなく、発信者名を認識して表示するのが仕様のようである

発信者が画面操作をするときはAlexaアプリの登録者を発信者と認識し、その名前がアナウンスされ表示されるので「A太郎」が表示されたと考える。

デバイス名ではなく、発信者名が表示されるのは仕様のようであるので、
つながり方の判定はとした。

2.Echo Show 5間の「呼びかけ」

(1)アレクサに話しかけて「呼びかけ」をリクエストするときの「かけ方とつながり方」の説明

話しかける

「一階」というデバイス名の
Echo Show5の画面に向かって
「アレクサ」と言う。

一階 
一階 

アレクサ

画面の下側が「青く光って」質問の待ちの状態になる。青い光が消えない間に頼む

アレクサに反応した画面
Echo Show 5(一階)
一階 
一階 

二階に「呼びかけ」て

一階
一階

二階というデバイスが見つかりました。
このデバイスにかけますか?

一階 
一階 

はい

Echo Show5(一階)の画面は呼び出し画面なしで「二階」の映像が表示されるが、数秒間はぼやけた画面になっていてすぐには表示されない

「呼びかけ」の通話画面

Echo Show5(二階)は呼び出し音がして、応答画面なしで「一階」の映像が表示される。

「二階」が通話をしているところ

画面をタップすると「終了」、「ビデオオフ」、「ミュート」ボタンが表示される。

終了するときには「終了」ボタンをタップする。

終了ボタン
結果(条件:①Echo Show 5間 ②「呼びかけ」③アレクサに話しかけてリクエスト)

「呼びかけ」は問題なくつながった。但し、終了画面に表示される名前の表示は「ビデオ通話」のときと同じでデバイス名の「一階」ではなかった。

表示される名前はデバイス名ではなく、発信者名を認識して表示するのが仕様のようである

発信者がアレクサに話しかける場合は音声認識をして、その名前をアナウンスし表示する。
従って、音声登録していないと、誰なのか認識できないので「家」と表示されるのだと考える。

デバイス名ではなく、発信者名が表示されるのは仕様のようであるので、
つながり方の判定はとした。

(2)画面操作で「呼びかけ」をリクエストするときの「かけ方とつながり方」の説明

画面操作

「一階」というデバイス名の
Echo Show5の画面で操作を行う。

ホーム画面の右端から左にスワイプする。

スワイプ
Echo Show 5(一階)

クイックアクセスメニューが開く。左上のコミニュケーションをタップする。

コミニュケーション画面
Echo Show 5(一階)

メニューが開くので「呼びかけ」をタップする。

コミニュケーション画面のメニュー(呼びかけ)
Echo Show 5(一階)

デバイスが表示されているので、「二階」を選んでタップする。

デバイスを選ぶ
Echo Show 5(一階)

Echo Show5(一階)の画面は呼び出し画面なしで「二階」の映像が表示されるが、数秒間はぼやけた画面になっていてすぐには表示されない。

「呼びかけ」の通話画面

Echo Show5(二階)は呼び出し音がして、応答画面なしで「一階」の映像が表示される。

「二階」が通話をしているところ

画面をタップすると「終了」、「ビデオオフ」、「ミュート」ボタンが表示される。

終了するときには「終了」ボタンをタップする。

終了ボタン
結果(条件:①Echo Show 5間 ②「呼びかけ」③画面操作でリクエスト)

「呼びかけ」は問題なくつながった。但し、終了画面に表示される名前の表示は「ビデオ通話」のときと同じでデバイス名の「一階」ではなかった。

表示される名前はデバイス名ではなく、発信者名を認識して表示するのが仕様のようである

発信者が画面操作をするときはAlexaアプリの登録者を発信者と認識し、その名前がアナウンスされ表示されるので「A太郎」が表示されたと考える。

デバイス名ではなく、発信者名が表示されるのは仕様のようであるので、
つながり方の判定はとした。

Ⅲ.まとめ

1.ビデオ通話

「ビデオ通話」は「一階」から「二階」へつながり、通話は問題なくできた。

(1)アレクサに話しかけてリクエストしたとき

「ビデオ通話」は問題なくつながったが、受信側にアナウンスされ表示される名前は発信側のデバイス名の「一階」ではなく「家」と表示されてしまう。

表示される名前はデバイス名ではなく、発信者名を認識して表示するのが仕様のようである。

発信者がアレクサに話しかける場合は音声認識をして、その名前をアナウンスし表示する。
従って、音声登録していないと、誰なのか認識できないので「家」と表示されるのだと考える。

デバイス名ではなく、発信者名が表示されるのは仕様のようであるので、
つながり方の判定はとした。

(2)Echo Show 5の画面操作からリクエストしたとき

「ビデオ通話」は問題なくつながったが、受信側にアナウンスされ表示される名前は発信側のデバイス名の「一階」ではなく「A太郎」と表示されてしまう。

表示される名前はデバイス名ではなく、発信者名を認識して表示するのが仕様のようである

発信者が画面操作をするときはAlexaアプリの登録者を発信者と認識し、その名前がアナウンスされ表示されるので「A太郎」が表示されたと考える。

デバイス名ではなく、発信者名が表示されるのは仕様のようであるので、
つながり方の判定はとした。

ビデオ通話①検証結果

2.呼びかけ

「呼びかけ」は拒否設定があるので、全て許可にした状態で検証した


ちなみに、接続設定を不許可、及び無効に設定したときは正しく「接続拒否」になった

(1)アレクサに話しかけてリクエストしたとき

「呼びかけ」は問題なくつながった。但し、終了画面に表示される名前の表示は「ビデオ通話」のときと同じでデバイス名の「一階」ではなかった。

表示される名前はデバイス名ではなく、発信者名を認識して表示するのが仕様のようである

発信者がアレクサに話しかける場合は音声認識をして、その名前をアナウンスし表示する。
従って、音声登録していないと、誰なのか認識できないので「家」と表示されるのだと考える。

デバイス名ではなく、発信者名が表示されるのは仕様のようであるので、
つながり方の判定はとした。

(2)Echo Show 5の画面操作からリクエストしたとき

「呼びかけ」は問題なくつながった。但し、終了画面に表示される名前の表示は「ビデオ通話」のときと同じでデバイス名の「一階」ではなかった。

表示される名前はデバイス名ではなく、発信者名を認識して表示するのが仕様のようである

発信者が画面操作をするときはAlexaアプリの登録者を発信者と認識し、その名前がアナウンスされ表示されるので「A太郎」が表示されたと考える。

デバイス名ではなく、発信者名が表示されるのは仕様のようであるので、
つながり方の判定はとした。

呼びかけ①検証結果

Echo
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
たんてったんブログ

コメント