同じAmazonアカウントのEcho Show 5からスマホ(Alexaアプリ)への「ビデオ通話」と「呼びかけ」のかけ方とつながり方

Echo Show 5からスマホへの通話商品レビュー
スポンサーリンク

Echo Show5で構築したテレビ電話のつながり方の検証結果

Echo Show 5からスマホのつながり方と結果

上図はEcho Show 5を使って「ビデオ通話」「呼びかけ」を行ったときの、つながり方の検証結果である。
この記事では②の同じホームデバイスであるEcho Show 5からスマホのAlexaアプリ「ビデオ通話」「呼びかけ」を行ったときのかけ方、つながり方を詳細に説明する

②のかけ方、つながり方の詳細説明(「ビデオ通話」「呼びかけ」)

①Echo Show 5からスマホへの通話

上図はAさんのAmazonアカウントで登録した、Aさんの連絡先の構成図である。
連絡先にホームデバイスを構築する方法に関しては、次の記事を参照のこと。

①Echo Show 5からスマホ
ホームデバイス間での通話

3台のEcho Show 5からスマホへの通話のパターンは3通りあるが、全て同じつながり方をするので、上図のように、「一階」からスマホへかける場合を例に取って説明する

Echo Show 5で「ビデオ通話」「呼びかけ」をするときの、操作方法は二通りある。

操作方法

Echo Show 5からスマホへの「ビデオ通話」

アレクサに話しかけて「ビデオ通話」を頼むときの、かけ方とつながり方の説明

話しかける

「一階」という名前のEcho Show5の画面に向かって「アレクサ」と言う。

一階 
一階 

アレクサ

画面の下側が「青く光って質問の待ちの状態になる。青い光が消えない間に依頼する。

アレクサに反応した画面
一階
一階

Aさんに「ビデオ通話」でかけて

一階
一階

Aさんですね?

一階
一階

はい

一階
一階

Aさんのアレクサデバイスに発信します。

一階のEcho Show 5が、スマホを呼び出している画面

ビデオ通話の呼び出し画面(Aさん)

Aさんのスマホ画面の応答画面であるが、「二階」「三階」のEcho Show 5も同時に応答画面になる。

スマホの応答画面

Aさんのスマホの応答画面は「一階」からと表示されないで「Aさん」と表示される。
スマホのビデオ通話ボタンをタップすると通話が始まる。

「一階」とスマホでビデオ通話がつながっている状態。

画面をタップすると「終了」ボタンが表示される。終了するときには「終了」ボタンタップする

スマホ通話終了

結果(条件:①Echo Show 5からスマホ ②「ビデオ通話」③アレクサに話しかけて頼む)

Aさんにかけているにもかかわらず「二階」「三階」のEcho Show 5も応答する
スマホを選ぶと「ビデオ通話」は問題なくつながったが、受信側の画面に表示される発信側の名前表示は「一階」ではなく「Aさん」であった。従って、つながり方の判定はとした。

画面操作で「ビデオ通話」をかけるときの、かけ方、つながり方の説明

画面操作

「一階」という名前のEcho Show5の画面で操作を行う。

ホーム画面の右端から左にスワイプする。

スワイプ

クイックアクセスメニューが開く。左上のコミニュケーションをタップする。

コミニュケーション画面

メニューが開く「ビデオ通話」が無いので、「コール」をタップする。

コミニュケーション画面のメニュー

最近の連絡先に「Aさん」があれば選ぶ。無ければ画面を上にスワイプして、「すべての連絡先」から選ぶ。

「ビデオ通話」画面操作

一階のEcho Show 5が、スマホを呼び出している画面

ビデオ通話の呼び出し画面(Aさん)

Aさんのスマホ画面の応答画面であるが、「二階」「三階」のEcho Show 5も同時に応答画面になる。

スマホの応答画面

Aさんのスマホの応答画面は「一階」からと表示されないで「Aさん」と表示される。
スマホのビデオ通話ボタンをタップすると通話が始まる。

「一階」とスマホでビデオ通話がつながっている状態。

通話中

画面をタップすると「終了」ボタンが表示される。
終了するときには「終了」ボタンタップする

スマホ通話終了

結果(条件:①Echo Show 5からスマホ ②「ビデオ通話」③Echo Show 5の画面操作でかける)

Aさんにかけているにもかかわらず「二階」「三階」のEcho Show 5も応答する
「ビデオ通話」は問題なくつながったが、受信側の画面に表示される発信側の名前表示は「一階」ではなく「Aさん」であった。従って判定はとした。

Echo Show 5からスマホへの「呼びかけ」

アレクサに話しかけて「呼びかけ」を頼むときの、かけ方とつながり方の説明

話しかける

「一階」という名前のEcho Show5の画面に向かって「アレクサ」と言う。

「一階」という名前のEcho Show5の画面に向かって「アレクサ」と言う。

一階
一階

アレクサ

画面の下側が「青く光って」質問の待ちの状態になる。青い光が消えない間に依頼する。

アレクサに反応した画面
一階 
一階 

Aさんに「呼びかけ」でかけて

一階
一階

・・・

スマホにはかからない。「呼びかけは」スマホにはかからない仕様のようである。
このとき、残りの2台のEcho Show 5の内1台に「呼びかけ」がつながってしまう。

スマホではなく他のEcho Show 5に「呼びかけ」がかかったときの画面である。
予期せぬ相手にかかるので、戸惑ってしまう。ホームデバイス間ではスマホにつながらないのであれば、他のデバイスにつながらないようにして欲しい。

通話中_受信側(ぼかし)
通話中_受信側

結果(条件:①Echo Show 5からスマホ ②「呼びかけ」③アレクサに話しかけて頼む)

「呼びかけ」はスマホにはかからない仕様のようである。
Aさんの連絡先内のホームデバイス間で目的の発信先以外のEcho Show 5に「呼びかけ」がつながってしまうのは、かけた方が戸惑ってしまうので、かからないようにして欲しい。従って、この項目のつながり方の判定としてはである

画面操作で「呼びかけ」をかけるときの、かけ方、つながり方の説明

画面操作

画面操作で「呼びかけ」をかけるときの、かけ方、つながり方の説明

ホーム画面の右端から左にスワイプする。

スワイプ

クイックアクセスメニューが開く。左上のコミニュケーションをタップする。

コミニュケーション画面

メニューが開くので「呼びかけ」をタップする。

コミニュケーション画面のメニュー(呼びかけ)

「呼びかけ」の画面の中にAさんが表示されない。従って「Aさん」を選ぶことができない。「呼びかけ」ではスマホは選べない仕様になっているのであれば、この設定は正しい。
画面操作ではなく、アレクサに口頭に頼んだときと動作が違う。こちらが正しいと思うので統一して欲しい。

画面操作「呼びかけ」

結果(条件:①Echo Show 5からスマホ ②「呼びかけ」③Echo Show 5の画面操作でかける)

Echo Show 5からスマホの「呼びかけ」において、画面操作を行うと「呼びかけ」画面の中で「Aさんが」選べないようになっており、Aさんにかけることができない。「呼びかけ」はスマホにはかけられない。従って、つながり方判定は「」とする。

まとめ

ビデオ通話

アレクサに話しかけて頼んだとき

「一階」からスマホへの「ビデオ通話」は同じホームデバイスの「二階」「三階」の画面も応答画面になってしまう。しかし、スマホの応答画面にでると問題なく「ビデオ通話」をすることができた。但し、スマホの応答画面には「一階」からと表示されず「Aさん」と表示されてしまう。従って、つながり方の判定はとした。

Echo Show 5の画面操作から依頼したとき

アレクサに話しかけて頼んだときと動作は全く同じであったので、つながり方の判定はとした。

ビデオ通話②検証結果

呼びかけ

「呼びかけ」は拒否設定があるので、全て許可にした状態で検証した。

ちなみに、接続設定を不許可、及び無効に設定したときは正しく「接続拒否」になった。

アレクサに話しかけて頼んだとき

スマホへの「呼びかけ」はかからなかった。「呼びかけ」はスマホにはかからないという仕様になっているのであれば納得なのであるが、アレクサに口頭で「Aさんに呼びかけして」と頼むと、残りのEcho Show 5の1台に「呼びかけ」がかかってしまう。
ホームデバイス間は「呼びかけ」として、端末どうしで1対1でかけられる機能がある。従って、スマホにかからいのであれば、ホームデバイス間では他のEcho Show 5につなげなくてもよいと思う。
ここではスマホにかけられるかの検証なので、つながり方の判定としてはとした。

Echo Show 5の画面操作から依頼したとき

画面操作からだとスマホへの「呼びかけ」は「Aさん」を選べないようになっており、スマホと残りのEcho Show 5にもかかることはなかった。スマホへは「呼びかけ」ができない仕様であれば、この結果は納得できる。
しかし、ここではスマホにかけられるかどうかの検証なので、つながり方の判定としてはとした。

呼びかけ②検証結果

コメント