スポンサーリンク

Echoシリーズで家族だけのテレビ電話の環境を作る①(2台のEcho Show 5)

アイキャッチ_Alexaアプリを使わないで2台のEcho Show 5だけでテレビ電話をする方法Echo
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Ⅰ.Alexaアプリを使わないで、2台のEcho Show 5だけでテレビ電話をする

1.Echo Showシリーズでテレビ電話をするための一般的な通信環境

Echo Showシリーズでテレビ電話をするための一般的な通信環境は下記のA.B.の環境であると考える
これは、通常の電話と同じく色々な連絡先とコミュニケーションできる環境であるが、今回は逆に完全に孤立した通信環境を作れないか検討する

  • A.共通のAmazonアカウントで登録された、「スマホのAlexaアプリとEcho Showデバイス」であるホームデバイス間での通信環境
ホームデバイス間の通信環境
  • B.連絡先から連絡先への通信環境
連絡先間の通信環境

2.Alexaアプリを使わずにEcho Show 5の2台だけでテレビ電話の環境を構築する

Echo Show 5のテレビ電話の使い方の中では家族以外の連絡先とつながる必要がなく、セキュリティを考慮して家族だけのテレビ電話の環境を作りたいことがある
そのための方法として、下図のようなAlexaアプリを使わないで、2台のEcho Show 5のAmazonアカウントを共通にすることで、2台のEcho Show 5だけの通信環境を作ることができる
ここでは、その通信環境の設定方法の説明と、そのテレビ電話の「かけ方とつながり方」の検証を行う。

Echo Show 5の2台だけでテレビ電話をする

(1)2台のEcho Show 5だけのテレビ電話の通信環境の構築

2台のEcho Show 5でテレビ電話をする場合に、最低必要な構成条件は下記になる。

  • Amazonアカウント
    • Eメールアドレス
    • 登録のためにパソコン又はスマホが必要(Amazonのサイトで登録しなければならないので)
  • Wi-Fi環境(1台のWi-Fiが届く範囲かどうかで、Wi-Fiの数が1つ又は2つ必要。)
  • 2台のEcho Show 5
同居時のEcho Show 5の2台だけに必要な構成
2世帯時のEcho Show 5の2台だけに必要な構成

上記の3条件を準備すれば2台のEcho Show 5だけでも、テレビ電話をすることが可能である。

今回、構築する環境はAlexaアプリの連絡先や他のAmazonアカウントのEcho Showシリーズの端末とつながることを避けるのが目的である。
そのために下図のようなAlexaアプリの連絡先とつながることのできない関係が構成できれば良いと考える。

Alexaアプリの連絡先や他のEcho Showシリーズの端末とつながらない孤立した環境

孤立した通信環境

3.Echo Show 5の2台だけの通信環境の設定方法と「かけ方とつながり方」の検証

(1)Echo Show 5の2台だけの通信環境の設定方法

2台のEcho Show 5の設定を行った後、2台のEcho Show 5は下図のように1つのWi-Fi環境で使われる場合と、別々のWi-Fi環境で使われる場合があると考えられる。

1つのWi-Fi環境下で使う場合

同居時のEcho Show 5の2台だけに必要な構成

別々のWi-Fi環境下で使う場合

2世帯時のEcho Show 5の2台だけに必要な構成

それぞれの通信環境を設定するための手順の説明を行う。

1)Amazonアカウントの登録方法

Echo Show 5を設定するにはAmazonアカウントが必要になる。
既に持っている場合はそのアカウントを使う。
持っていない場合は下記の手順で登録を行う必要がある。

パソコンかスマホのAmazonで登録を行う。
Amazonのサイトからアカウントの画面に進む。
新規作成なので、「Amazonアカウントを作成する」をクリックする。

Amazonアカウントを作成する

名前、Eメールアドレスとパスワードを入力して、

「Amazonアカウントを作成する」をクリックする。

アカウントを作成

入力したEメールアドレスにコードが送られてくるので入力する。

入力したら、アカウント作成をクリックするとアカウントが作成される。

アマゾンID:今回設定Eメールアドレス
パスワード:今回設定したパスワード

Eメールアドレスにコードが送信される。

コードが送られてくる

コードを入力する。

Eメールアドレスの確認
2)Wi-Fi環境

1台のWi-Fiが届く環境なのかどうかで、Wi-Fiの数が1つ又は2つ必要になる。

1軒の建物内で使う場合

同居時のEcho Show 5の2台だけに必要な構成

2軒の建物間で使う場合

2世帯時のEcho Show 5の2台だけに必要な構成

既にインターネットのWi-Fi環境があれば、それを使う。
無ければ、Wi-Fi環境を準備しないといけない。
Wi-Fi環境を準備する方法は、次の4つの方法が考えられる。

  • SIMフリールーター+格安SIM
  • レンタルWi-Fi
  • WiMAX2+
  • 光回線

Echo Show 5のためだけに用意するのであれば、SIMフリールーター+格安SIMを使う方法が良いと考える。

SIMフリールーターと格安SIMの一例を紹介する。
Wi-Fi環境のない田舎にEcho Show 5と一緒に送るのであれば、下記の据え置きタイプのSIMフリールーターが良い。理由は格安SIMをセットすれば、電源スイッチがなくコンセントに挿すだけでWi-Fiを使えるようになる。年寄りには電源スイッチがあるだけでもややこしくなるのでこの場合は据え置きタイプが適している。

SIMフリールーターと格安SIMを使ったEcho Show 5の通信環境の一例

テレビ電話の機器構成A

SIMフリールーター

格安SIM

3)Echo Show 5

Echo Show 5を2台購入する。セールで購入すると半額で購入できるときがある。

①Echo Show 5の設定を行う

Echo Show5の電源をコンセントに挿すと初期設定が始まる。
最初に言語の選択画面が表示される。
「日本語」をタップする。

言語の選択

Wi-Fiの設定画面が現れる。
2台のEcho Show 5を1つのWi-Fi環境でつかう場合は同じWi-FiのSSIDを選びパスワードを入力する。

同居時のEcho Show 5の2台だけに必要な構成

1台ずつ別々の家で使う場合、それぞれのWi-FiのSSIDを選びパスワードを入力する。

2世帯時のEcho Show 5の2台だけに必要な構成

SSIDを選ぶ。


Wi-Fiのパスワードを入力する。

次にAmazonアカウントの入力を要求してくるので、先ほど登録したAmazonアカウントを入力する。

Amazonアカウントを登録したときのEメールアドレスを入力する。


Amazonアカウントのパスワードを入力する。


入力したEメールアドレスとパスワードが表示されるので、「サインイン」をタップする。

設定が完了し、Echo Show5にAmazonアカウントが登録されたことを知らせてくる。「続行」をタップする。


タイムゾーンの確認画面になる。良ければ「続行」をタップする。

住所の確認をしてくる。
良ければ「続行」をタップする。
住所を登録しない場合はスキップをタップする。別の住所を入力する場合は画面を上にスワイプすると下から別の住所を入力と出てくるので入力する。


Echo Show5の設置場所の確認。スキップする場合は「スキップ」をタップする。

デバイス名を要求してくるので、2台のEcho Show 5にそれぞれ名前を付ける。
ここでは「アイチャン」と「オバアチャン」にする。
現時点ではカタカナにしておく方がアレクサが認識しやすい。

次にスタートボタンをタップするとEcho Show5の説明が始まる。
終了すると待ち受け画面になり、設定完了である。


この画面になれば設定完了である。

2.2台のEcho Show 5の「かけ方とつながり方」

(1)2台のEcho Show 5のテレビ電話のかけ方とつながり方

Echo Show 5のアレクサへのリクエスト方法には下図のように2種類の方法がある。それぞれの方法で順に検証を行う。

アレクサへのリクエスト方法

Echo Show 5のテレビ電話には「ビデオ通話」と「呼びかけ」という通話方式がある。
この2つの通話方式の検証も行う。

1)アレクサに話しかける方法の場合

アレクサに話しかけてリクエストする。

話しかけて通話する
「ビデオ通話」の場合
あいちゃん
あいちゃん

アレクサ、

おばあちゃんに電話して

Echo Show5
Echo Show5

おばあちゃんにかけます

Echo Show5
Echo Show5

家からです

発信側の呼び出し画面

ビデオ通話の呼び出し画面(あいちゃん)

受信側の応答画面

おばあちゃん
ビデオ通話の応答画面(おばあちゃん)

上図の応答ボタンをタップすると「ビデオ通話」ができる。

「呼びかけ」通話中_受信側
「呼びかけ」通話中_発信側

通話を終了したい場合はどちらかが画面をタップすると「終了」ボタンと「ビデオオフ」ボタンが表示される。
「ビデオオフ」ボタンはこちらの映像を映らないようにすることができる。
終了するときには「終了」ボタンをタップする

「テレビ電話」終了ボタン_

ボームデバイス間で「ビデオ通話」をするときに表示がおかしい点
Echo シリーズのホームデバイスどうしの「ビデオ通話」のとき、受信側のデバイスは発信側のデバイス名を正確にアナウンスできないし、画面表示も正確にできない。
受信側の画面にはデバイス名の「アイチャン」ではなく「家」からと表示されてしまう。
2020年12月現在はそうなってしまう。仕様だとしても使いづらい。

「呼びかけ」の場合

Echo Show 5に下記のように「おばあちゃんに呼びかけをして」とリクエストすると、Echo Show 5を設定した最初の1回だけアレクサは「呼びかけできません」と返してくる。
そこで、もう1回「おばあちゃんに呼びかけして」というと、アレクサが「呼びかけ設定を許可しますか?」と聞いてくるので「はい」と答えた後に、もう一度「おばあちゃんに呼びかけて」と言うと「呼びかけ」は使えるようになった。

あいちゃん
あいちゃん

アレクサ、

おばあちゃんに「呼びかけ」て

Echo Show5
Echo Show5

呼びかけできません

あいちゃん
あいちゃん

アレクサ、

おばあちゃんに「呼びかけ」て

Echo Show5
Echo Show5

「呼びかけ設定」を許可しますか?

あいちゃん
あいちゃん

はい

あいちゃん
あいちゃん

アレクサ、

おばあちゃんに「呼びかけ」て

この後、アレクサは何もアナウンスしないで「呼びかけ」をつないでくれた。
「呼びかけ」の許可を1回してから以降は「おばあちゃんに呼びかけをして」と言うだけで、「呼びかけ」をしてくれるようになった。

「呼びかけ」がつながった状況

「呼びかけ」の発信側の画面
最初はボカシの入った画像であるが
数秒でハッキリ見えるようになる。

「呼びかけ」通話中_受信側(ぼか
「呼びかけ」通話中_受信側

「呼びかけ」の受信側の画面
受信側は最初からハッキリした画面である。

「呼びかけ」通話中_発信側

通話を終了したい場合はどちらかが画面をタップすると「終了」ボタンと「ビデオオフ」ボタンが表示される。
「ビデオオフ」ボタンはこちらの映像を映らないようにすることができる。
終了するときには「終了」ボタンをタップする

「テレビ電話」終了ボタン_

「呼びかけ」を終了した直後の画面

「呼びかけ」の終了画面(あいちゃん)

「呼びかけ」の発信側の終了画面
かけた相手のデバイス名が正しく表示されている

「呼びかけ」の終了画面(おばあちゃん)

「呼びかけ」の受信側の終了画面
かけて来た相手のデバイス名が正しく表示されていない。「家」と表示されている。

ホームデバイス間で「呼びかけ」をするときの表示のおかしな点
Echo シリーズのホームデバイスどうしの「呼びかけ」のとき、受信側のデバイスは発信側のデバイスの名前を正確に画面表示できない。
「呼びかけ」の場合は先に通話画面が表示されて、通話が終わった後の終了画面の表示なので、特に気にはならないが、終了画面にデバイス名の「アイチャン」ではなく「家」が表示される。
2020年12月現在はそうなってしまう。デバイス名を表示して欲しい。

2)Echo Show 5の画面操作する方法の場合

Echo Show 5のコミュニケーション画面を使って、画面操作からリクエストする方法

画面を操作する

ホーム画面の右端から左にスワイプする。

クイックアクセスメニューが開く。左上のコミニュケーションをタップする。

メニューが開く「ビデオ通話」が無いので「コール」をタップする。

「通話機能を使うには、まずAlexaアプリに登録してください。」と表示されて、Echo Show 5の画面操作からは使えないことが分かった。

Alexaアプリを使わないときの画面操作「ビデオ通話」

Ⅱ.まとめ

Alexaアプリを使わずにEcho Show 5の2台だけでテレビ電話ができるか検証した結果。

テレビ電話の「ビデオ通話」と「呼びかけ」に関しては両方とも使えることは確認できた

しかし、下記のような制約があった。

:下図のように、孤立しているEcho Show 5の2台だけの環境は成立した。

孤立した通信環境

:下図のように、アレクサに話しかけてリクエストする方法は成立した。
「ビデオ通話」と「呼びかけ」の両方共できることを確認した。

話しかけて通話する

:下図のように、Echo Show 5の画面から操作する方法はできなかった。
Alexaアプリを登録しなければ使えないことが分かった。

画面を操作する

今回はAlexaアプリを使わないで「家族だけのテレビ電話の環境を作る」方法を検討したが、Echo Show 5を画面から操作できない等の制約があった。
引き続き検討した結果、画面操作等の制約のない方法が分かったので、下記ブログ(家族だけのテレビ電話の環境を作る②)で紹介する。

Echo
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
たんてったんブログ

コメント