Echo Show 5を2台買って、田舎にオンライン帰省(Echo Show 5の2通りの設定方法)

Echo show 5を2台買ってオンライン帰省商品レビュー
スポンサーリンク

Echo Show 5を2台買ってオンライン帰省。(2通りの設定方法)

母がガラケーを使っている場合スマホを使っている場合2通りの設定方法を検討した。

母がガラケーを使っている場合の設定方法

A太郎さんのホームデバイスの1台として登録した母のEcho Show 5の、かけ方とつながり方

現在の通信環境

母がガラケーを使っている場合はスマホが無いので、Alexaアプリに母の連絡先を登録して母のAmazonアカウントをEcho Show 5に登録することができない
このような条件の場合は、母のEcho Show 5をA太郎さん(私)のホームデバイスの1台として設定する下図のような構成が望ましいと考える。
その設定方法は母のEcho Show 5にA太郎さんのAmazonアカウントを登録することでできる。
下図のように母とA太郎さんが離れた場所でも、母のWi-Fiを用意してつなぐことでA太郎さんのホームデバイスの1台としてテレビ電話ができるのである。
「ビデオ通話」も「呼びかけ」もA太郎さんと母の間で問題なくかけることができる。

同じAmazonアカウントで登録

この設定はA太郎さんのホームデバイス間テレビ電話をするという使い方になる。
ホームデバイス間でのかけ方とつながり方は次の3通りある。

  1. A太郎さんのEcho show 5と母のEcho show 5とのかけ方とつながり方
  2. A太郎さんのスマホから母のEcho show 5へのかけ方とつながり方
  3. 母のEcho show 5からA太郎さんのスマホへのかけ方とつながり方

この3通りのかけ方とつながり方の詳細は次のブログを参照のこと。

このつなぎ方の場合、下記のようなメリットとデメリットがあるので、自分の目的に合った設定方法を選ぶ参考にして欲しい。

メリット

  1. 母のEcho show 5はA太郎さんのホームデバイスの1台であるので、母がスマホのAlexaアプリの連絡先」や「母のAmazonアカウントを作成する」ということを意識せずにEcho Show 5を使うことができる
  2. もし、A太郎さんがAmazonのプライム会員になっていれば母のEcho Show 5でもprime musicやprime videoを見ることができる

デメリット

  • この方法はA太郎さんと母の通話に限定したときに設定する方法と考えた方が良い。
    この設定でが自分の連絡先からA太郎さんの母に連絡したいと言い出した場合、はA太郎さんの母のEcho Show 5に直接「ビデオ通話」をかけることができない
    この同じAmazonアカウントで登録する方法では、A太郎さんの母のEcho Show 5はA太郎さんのホームデバイスの1台になっているので他の連絡先からの受信はA太郎さんが関係してしまうことになる
    次項で、どうしてもこの設定で他の連絡先(孫)からA太郎さんの母と「ビデオ通話」と「呼びかけ」をしたい場合、どのように設定すれば良いのかを説明する。

他の連絡先(孫)からA太郎さんの母に「ビデオ通話」、「呼びかけ」をする方法

孫が自分のスマホにAlexaアプリをインストールしていて自分の連絡先を持っている場合、孫がA太郎さんに「ビデオ通話」、「呼びかけ」をするには孫のAlexaアプリの連絡先リストにA太郎さんの連絡先を登録していないと「ビデオ通話」、「呼びかけ」することができない
さらに、「呼びかけ」は、A太郎さんがA太郎さんのAlexaアプリの連絡先リストにB孫さんの連絡先を登録しておく必要があり、その上でA太郎さんのAlexaアプリのB孫さんの「呼びかけ」許可/不許可の設定を許可にしておかなければB孫さんはA太郎さんの母に「呼びかけ」をかけることができない

他の連絡先(孫)からA太郎さんの母に「ビデオ通話」をする方法

孫がA太郎さんの母に「ビデオ通話」をする場合、孫からA太郎さん宛てに「ビデオ通話」をかける形になってしまう。(下図参照)
孫が連絡先のA太郎さんにビデオ通話を発信すると、A太郎さんのスマホEcho show 5とA太郎さんの母のEcho Show 5の3台が応答画面になるA太郎さんの母が応答ボタンをタップすると孫はA太郎さんの母と通話できるが、A太郎さんが応答ボタンをタップするとA太郎さんとつながってしまう

電話のように直接A太郎さんの母に「ビデオ通話」をかけたい場合は母のスマホが必要である。母のスマホのAlexaアプリに母のAmazonアカウントと連絡先を設定すれば可能である。(この方法は次項で説明する)
しかし、母がスマホを使いこなせない場合はA太郎さんが母のEcho Show 5を管理するという意味でも、A太郎さんのホームデバイスの1台にするこの設定方法が良いと考える

孫からA太郎さんの母への「ビデオ通話」
孫からA太郎さんへビデオ通話
他の連絡先(孫)からA太郎さんの母に「呼びかけ」をする方法

母のEcho Show 5をA太郎さんと同じAmazonアカウントで登録する方法」の場合、前項で孫はA太郎さんを呼び出さずにA太郎さんの母だけに「ビデオ通話」をかけられないと説明したが「呼びかけ」であればB孫の連絡先からA太郎さんの母のEcho Show 5だけにかけることができる

但し、B孫さんとA太郎さんの両方のAlexaアプリで、次の設定をしておく必要がある

  1. B孫さんのAlexaアプリの連絡先B孫さん自身に対して、「呼びかけ」許可設定をONにしておく必要がある。
  2. B孫さんはA太郎さんのAlexaアプリの連絡先リストB孫さんの連絡先に対して、「呼びかけ」許可設定をONにしてもらう必要がある。
  3. B孫さんはA太郎さんのAlexaアプリのデバイスリストA太郎さんの母のEcho Show 5の「呼びかけ」受信設定をオン」にしてもらい、さらにA太郎さんのEcho Show 5の「呼びかけ」受信設定を「ホームデバイス」に設定してもらう必要がある。

このように設定することで、「母のEcho Show 5をA太郎さんと同じAmazonアカウントで登録する方法」でも、孫はA太郎さんを呼び出すことなく、祖母に直接「呼びかけ」をかけることができるのである。

但し、この方法で孫から祖母への「呼びかけ」は直接かけることができるのであるが、孫からアレクサに対してのリクエストは「A太郎さんに呼びかけて」になってしまい、「A太郎さんの母に呼びかけて」とはならないことを理解して発信しなければならない。A太郎さんへの「呼びかけ」がかかる端末を母のEcho Show 5に設定しただけなので、あくまで「呼びかけ」をする相手は「A太郎さん」になるのである。

「呼びかけ」を、孫からA太郎さんの母だけにかける設定

上記の3つの項目の設定方法

同じAmazonアカウントの「呼びかけ」設定
孫からA太郎さんの母への直接の「呼びかけ」

孫から祖母の家だけに「呼びかけ」をかけることができている
但し、アレクサへのリクエストは「A太郎さんを呼び出して」になってしまう。

祖母の家だけに呼びかけがかかる

母親がスマホを使っている場合の設定方法

母をAツルとして連絡先を作ったときの、母へのかけ方とつながり方

スマホで連絡している。

母親がスマホを使える場合は母親の連絡先を作ってテレビ電話をする方法がある

母親のスマホにAlexaアプリをインストールし、母親のAmazonアカウントでログインして母親の名前と電話番号で連絡先を登録する。
母親のEcho Show 5には母親のAmazonアカウントを登録する

この方法は連絡先間のテレビ電話の方法になる
連絡先間での「ビデオ通話」の発信は受信側のスマホEcho show 5両方が応答画面になる。その時に、応答ボタンをタップし応答した端末で「ビデオ通話」をすることができる
「呼びかけ」も設定が必要であるが問題なくできる

別々のAlexaアカウントで登録

この設定方法は連絡先間テレビ電話をするということになる。
連絡先間でのかけ方、つながり方は次の2通りある。

  1. 連絡先のスマホから連絡先への「ビデオ通話」と「呼びかけ」のかけ方とつながり方
  2. 連絡先のEcho Show 5から連絡先への「ビデオ通話」と「呼びかけ」のかけ方とつながり方

この2通りのかけ方の詳細は次のブログを参照のこと。

このつなぎ方の場合、下記のようなメリットとデメリットがあるので、自分の目的に合った設定方法を選ぶ参考にして欲しい。

メリット

  1. 孫や他の連絡先A太郎さんの母とテレビ電話をしたい場合はA太郎さんの母が連絡先をAツルという名前で登録しているので、直接Aツルさんに「ビデオ通話」と「呼びかけ」をかけることができる
    「呼びかけ」を他の連絡先から受ける場合下図で示すように孫からAツルさんへの「呼びかけ」の許可設定をAツルさんのAlexaアプリで行う必要がある。)

デメリット

  1. 母親がAmazonアカウントを持っていない場合新しくAmazonアカウント(無料)作らなければならない
  2. Echo Show 5でprime musicやprime videoを見たい場合は母が自分でAmazonのプライム会員(有料)に入らなければならない
  3. 母親のEcho Show 5の設定は母親のスマホのAlexaアプリで行わなければいけないので、母親自身が行わなければならなくなる
    連絡先の追加「呼びかけ」許可設定は後から行いたい設定である。
    遠く離れていると、代わりに設定してあげることは難しくなる

他の連絡先(孫)からAツルさんの連絡先に「ビデオ通話」、「呼びかけ」をする方法

孫が自分のスマホにAlexaアプリをインストールしていて自分の連絡先を持っている場合、孫がAツルさんに「ビデオ通話」、「呼びかけ」をするには孫のAlexaアプリの連絡先リストにAツルさんの連絡先を登録していないと「ビデオ通話」、「呼びかけ」することができない
さらに、「呼びかけ」は、AツルさんがAツルさんのAlexaアプリの連絡先リストにB孫さんの連絡先を登録しておく必要があり、その上でAツルさんのAlexaアプリのB孫さんの「呼びかけ」許可/不許可の設定を許可にしておかなければ、B孫さんはAツルさんに「呼びかけ」をかけることができない

他の連絡先(孫)からAツルさんに「ビデオ通話」をする方法

孫がAツルさんに「ビデオ通話」するには、孫からAツルさんの連絡先宛てに「ビデオ通話」をかければよい。(下図参照)
孫が連絡先のAツルさんに「ビデオ通話」を発信すると、AツルさんのスマホEcho Show 5の2台が応答画面になるAツルさんがどちらかの応答ボタンをタップすると孫はAツルさんと「ビデオ通話」ができる
電話のように直接Aツルさんに「ビデオ通話」ができる。
この方法は、Aツルさん(母)がある程度スマホを使いこなせることが前提となる

孫からAツルさん(A太郎さんの母)への「ビデオ通話」
B孫さんからAツルさんへの「ビデオ通話」
他の連絡先(孫)からA太郎さんの母に「呼びかけ」をする方法

母をAツルとして、母の連絡先を作る」場合、孫はAツルさんに直接「呼びかけ」をかけることができる。

但し、B孫さんとAツルさんの両方のAlexaアプリで、次の設定をしておく必要がある

  1. B孫さんのAlexaアプリの連絡先B孫さん自身に対して、「呼びかけ」許可設定をONにしておく必要がある。
  2. AツルさんのAlexaアプリの連絡先リストB孫さんの連絡先に対して、「呼びかけ」許可設定をONにする必要がある。
  3. AツルさんのAlexaアプリのデバイスリストツルのEcho Show 5の「呼びかけ」受信設定をオン」に設定する必要がある。

このように設定することで、「母をAツルとして、母の連絡先を作る」場合でも、孫は祖母に直接「呼びかけ」をかけることができるのである。

この方法では母のAツルとしての連絡先を作っているので、孫からアレクサに対してのリクエストは「Aツルさんに呼びかけて」となり、祖母の名前にかけることができるのである。

以上の設定を行うことで、孫の連絡先からAツルさんのEcho Show 5に「呼びかけ」をかけることができるのである。

「呼びかけ」を、B孫さんからAツルさんのEcho Show 5にかける設定

上記の3つの項目の設定方法

別々のAmazonアカウントの「呼びかけ」設定
孫からAツルさん(A太郎さんの母)への「呼びかけ」

孫から祖母のAツルさんに「呼びかけ」を直接かけることができている
アレクサへのリクエストも「Aツルさんを呼び出して」と祖母の名前で言える。

Aツルさんに呼びかけがかかる

まとめ

Echo Show 5を2台買って、1台を母に送りオンライン帰省を行う場合の設定方法には2通りある

  1. 母のEcho Show 5をA太郎さん(私)のホームデバイスの1台に設定して、母とテレビ電話を行う方法
  2. 母のAツルとしての連絡先を作り、母とテレビ電話を行う方法

どちらも、メリットとデメリットがある。

自分と母だけのテレビ電話の環境にするのか母が他の連絡先との間でも母の名前でテレビ電話をできるようにするのかで、設定方法が変わって来る。

自分に合った方法を検討する参考にしてもらえればと思う。

コメント