Echo Show 5から連絡先(異なるAmazonアカウント)への「ビデオ通話」と「呼びかけ」のかけ方とつながり方

AさんのEcho show 5からBさんの家商品レビュー
スポンサーリンク
  1. Echo Show5で構築したテレビ電話のつながり方の検証結果
  2. ⑤のかけ方、つながり方の詳細説明(「ビデオ通話」「呼びかけ」)
    1. AさんのEcho Show 5から「Bさんの家」への「ビデオ通話」
      1. アレクサに話しかけて「ビデオ通話」を頼むときの、かけ方とつながり方の説明
      2. 結果(条件:①AさんのEcho Show 5から「Bさんの家」 ②「ビデオ通話」③アレクサに話しかける)
      3. 画面操作で「ビデオ通話」をかけるときの、かけ方とつながり方の説明
      4. 結果(条件:①AさんのEcho Show 5からBさんの家 ②「ビデオ通話」③Echo Show 5の画面操作)
    2. AさんのEcho Show 5から「Bさんの家」への「呼びかけ」
      1. Echo Show 5のアレクサに話しかけて「呼びかけ」を頼むときの、かけ方とつながり方の説明
      2. 結果(条件:①AさんのEcho Show 5から「Bさんの家」 ②「呼びかけ」③アレクサに話しかける)
      3. AさんのEcho Show 5の画面操作で「呼びかけ」をかけるときの、かけ方とつながり方の説明
      4. 結果(条件:①AさんのEcho Show 5から「Bさん家」 ②「呼びかけ」 ③Echo Show 5の画面操作)
  3. まとめ
    1. ビデオ通話
      1. AさんのEcho Show 5のアレクサに話しかけて頼んだとき
      2. AさんのスマホのAlexaアプリの画面操作からかけたとき
    2. 呼びかけ
      1. AさんのEcho Show 5の「一階」のアレクサに話しかけて頼んだとき
      2. スマホAlexaアプリの画面操作からかけたとき

Echo Show5で構築したテレビ電話のつながり方の検証結果

AさんのEcho Show 5からBさんの家へのつながり方と結果

上図はEcho Show 5を使って「ビデオ通話」「呼びかけ」を行ったときの、つながり方の検証結果である。
この記事では⑤のAさんのEcho Show 5からBさんの家への「ビデオ通話」「呼びかけ」を行ったときのかけ方、つながり方を詳細に説明する

⑤のかけ方、つながり方の詳細説明(「ビデオ通話」「呼びかけ」)

AさんのEcho Show 5から連絡先間の通話

連絡先間での通話

連絡先間の通話は「家」にかけるというイメージになる。「ビデオ通話」の受信側は全てのホームデバイスが応答画面になり、どれかの端末で応答するという考え方である。「呼びかけ」はスマホにはかからないようになっており、他のホームデバイスであるEcho Show 5の内の1台が受信できるようになっている。

上図のようにAさんのEcho Show 5から「Bさんの家」にかける方法は3通りあるが、全て同じかかり方をするので「Aさんの一階」からかける場合を例に取って説明する

AさんのEcho Show 5から「ビデオ通話」「呼びかけ」をするときの、操作方法には2通りある。

操作方法

AさんのEcho Show 5から「Bさんの家」への「ビデオ通話」

アレクサに話しかけて「ビデオ通話」を頼むときの、かけ方とつながり方の説明

話しかける

AさんのEcho Show 5のアレクサに向かって話しかける。

Aさんの一階
Aさんの一階

アレクサ

画面の下側が「青く光って質問の待ちの状態になる。青い光が消えない間に依頼する。

アレクサに反応した画面
Aさんの一階
Aさんの一階

Bさんに「ビデオ通話」でかけて

Aさんの一階
Aさんの一階

Bさんですね?

Aさんの一階
Aさんの一階

はい

Aさんの一階
Aさんの一階

Bさんのアレクサデバイスに発信します。

AさんのEcho Show 5の「一階」が、「Bさんの家」を呼び出している画面

連絡先間のビデオ通話の呼び出し画面

Bさんの家はスマホとEcho Show 5全ての画面が応答画面になる
Bさんの家のどの端末からでも応答することができる
ここではスマホの「通話ボタン」をタップする

Bさんの家の「ビデオ通話」の受信画面

AさんのEcho Show 5Bさんのスマホで「ビデオ通話」している状態

AさんのEcho Show 5からBさんの家_通話中

どちらかの画面をタップすると「終了」ボタンが表示される。
終了するときには「終了」ボタンタップする

AさんのEcho Show 5終了ボタン

結果(条件:①AさんのEcho Show 5から「Bさんの家」 ②「ビデオ通話」③アレクサに話しかける)

AさんのEcho Show 5からBさんの家へは問題なくつながった。Bさんの応答画面は「Aさん」と表示し、AさんのEcho Show 5の発信画面は「Bさん」と正しく表示された
従ってつながり方の判定はとした。

画面操作で「ビデオ通話」をかけるときの、かけ方とつながり方の説明

画面操作

Aさんの「一階」という名前のEcho Show 5の画面で操作を行う。

Echo Show 5のクイックメニューにある「コミニュケーション」をタップする。

コミニュケーション画面

コミニュケーション画面が開く。
「ビデオ通話」が無いので、「コール」をタップする。

コミニュケーション画面のメニュー

コール画面が開く。コール画面には連絡先のBさんの表示がある
Bさんをタップすると発信画面になる

ビデオ通話のコール画面操作

AさんのEcho Show 5の「一階」が、「Bさんの家」を呼び出している画面

ビデオ通話の呼び出し画面(Bさん)

Bさんの家はスマホとEcho Show 5の全ての画面が応答画面になる
Bさんの家のどの端末からでも応答することができる
ここではスマホの「通話ボタン」をタップする。

Bさんの家の「ビデオ通話」の受信画面

AさんのEcho Show 5と「Bさんの家」でビデオ通話している状態。

AさんのEcho Show 5からBさんの家_通話中

画面をタップすると「終了」ボタンが表示される。
終了するときには「終了」ボタンタップする

AさんのEcho Show 5終了ボタン

結果(条件:①AさんのEcho Show 5からBさんの家 ②「ビデオ通話」③Echo Show 5の画面操作)

AさんのEcho Show 5の「クイックメニュー」→「コール」からBさんを選ぶ。
AさんのEcho Show 5から「Bさんの家」への「ビデオ通話」は問題なくつながった
Bさんの応答画面は「Aさん」と表示し、Aさんの発信画面は「Bさん」と正しく表示された。
従ってつながり方の判定はとした。

AさんのEcho Show 5から「Bさんの家」への「呼びかけ」

Echo Show 5のアレクサに話しかけて「呼びかけ」を頼むときの、かけ方とつながり方の説明

話しかける

AさんのEcho Show 5に向かって話しかける。

Aさんの一階
Aさんの一階

アレクサ

画面の下側が「青く光って」質問の待ちの状態になる。青い光が消えない間に頼む。

アレクサに反応した画面
Aさんの一階
Aさんの一階

Bさんに「呼びかけて」

Aさんの一階のEcho Show5
Aさんの一階のEcho Show5

Bさんですか?

Aさんの一階
Aさんの一階

はい

発信側のAさんのEcho Show 5は呼び出し画面なしで、BさんのEcho Show 5の映像が表示されるが、数秒間はボケた画面になっていて、すぐには表示されない。
通話は「Bさんの家」とできる状態になっている

Aさんの一階の呼び出し画面_ぼかし
Aさんの一階の呼び出し画面

連絡先間の「呼びかけ」を受信できる端末はスマホ以外のEcho端末の1台に限定されている
どの「Echo端末」が「呼びかけ」の受信端末の1台になるのかが、分からなかったので検証を行った
規則性が分かったので下記の記事で説明を行う。

連絡先間の「呼びかけ」は特定の1台の端末を選ぶということになる。
すなわち、連絡先間は「呼びかけ」受信専用端末を1台設定することができると言うことである。

BさんのEcho Show 5の内1台の呼び出し音がして、応答画面なしで「AさんのEcho Show 5」の映像が表示される。

Bさんの家のEcho Show 5の画面

Aさんの「一階」と「Bさんの家」が通話している状態

AさんのEcho Show 5からBさんの家_「呼び出し」

どちらの端末でも良いので、画面をタップすると「終了」ボタンが表示される。
終了するときには「終了」ボタンをタップする

AさんのEcho Show 5終了ボタン

結果(条件:①AさんのEcho Show 5から「Bさんの家」 ②「呼びかけ」③アレクサに話しかける)

AさんのEcho Show 5に話しかけて頼む「呼びかけ」は全く問題なくかけることができた
「呼びかけ」なので通話終了後に表示されることになるが、
発信側の画面には発信先、受信側の画面には発信元の名前が正しく表示された
従って、つながり方の判定はとした。

AさんのEcho Show 5の画面操作で「呼びかけ」をかけるときの、かけ方とつながり方の説明

画面操作

AさんのEcho Show 5の画面操作で「呼びかけ」をする。

Echo Show 5のクイックメニューにあるコミニュケーションをタップする。

コミニュケーション画面

コミニュケーション画面が開く。
「呼びかけ」をタップする。

コミニュケーション画面のメニュー(呼びかけ)

連絡先に「Bさんの家」という宛先があるのでタップする。

Echo Show 5の「呼びかけ」画面操作

発信側のAさんのEcho Show 5は呼び出し画面なしで、BさんのEcho Show 5の映像が表示されるが、数秒間はボケた画面になっていて、すぐには表示されない。
通話は「Bさんの家」とできる状態になっている

Aさんの一階の呼び出し画面_ぼかし
Aさんの一階の呼び出し画面

連絡先間の「呼びかけ」を受信できる端末はスマホ以外のEcho端末の1台に限定されている
どの「Echo端末」が「呼びかけ」の受信端末の1台になるのかが、分からなかったので検証を行った
規則性が分かったので下記の記事で説明を行う。

連絡先間の「呼びかけ」は特定の1台の端末を選ぶということになる。
すなわち、連絡先間は「呼びかけ」受信専用端末を1台設定することができると言うことである。

BさんのEcho Show 5の内1台の呼び出し音がして、応答画面なしで「AさんのEcho Show 5」の映像が表示される。

Bさんの家のEcho Show 5の画面

「Aさんの一階」と「Bさんの家」が通話している状態

AさんのEcho Show 5からBさんの家_「呼び出し」

どちらの端末でも良いので、画面をタップすると「終了」ボタンが表示される。
終了するときには「終了」ボタンをタップする

AさんのEcho Show 5終了ボタン

結果(条件:①AさんのEcho Show 5から「Bさん家」 ②「呼びかけ」 ③Echo Show 5の画面操作)

AさんのEcho Show 5の画面操作からの「呼びかけ」は全く問題なくかけることができた
「呼びかけ」なので通話終了後に表示されることになるが、
発信側の画面には発信先、受信側の画面には発信元の名前が正しく表示された
従って、つながり方の判定はとした。

まとめ

ビデオ通話

AさんのEcho Show 5のアレクサに話しかけて頼んだとき

AさんのEcho Show 5の「一階」から「Bさんの家」への「ビデオ通話」はEcho Show 5のアレクサに話しかける方法で、問題なくつながった。
従って、つながり方の判定はとした。

AさんのスマホのAlexaアプリの画面操作からかけたとき

AさんのEcho Show 5の「一階」の画面操作からかける方法で、Echo Show 5の画面の「クイックメニュー」→「呼びかけ」の中の連絡先の項目に「Bさんの家」があるので選ぶと、問題なく「呼びかけ」をかけることができた。
従って、つながり方の判定はとした。。

ビデオ通話⑤検証結果

呼びかけ

「呼びかけ」は拒否設定があるので、全て許可にした状態で検証した

ちなみに、接続設定を不許可、及び無効に設定したときは正しく「接続拒否」になった。

「呼びかけ」の拒否設定の方法や、拒否設定を組み合わせたときのつながり方は下記の記事参照のこと。

AさんのEcho Show 5の「一階」のアレクサに話しかけて頼んだとき

AさんのEcho Show 5の「一階」から「Bさん家」への「呼びかけ」は問題なくかけることができた
発信先の表示も発信元の表示も正しく表示した。
従って、つながり方の判定はとした。

スマホAlexaアプリの画面操作からかけたとき

AさんのEcho Show 5の「一階」から「Bさん家」への「呼びかけ」は問題なくかけることができた
発信先の表示も発信元の表示も正しく表示した。
従って、つながり方の判定はとした。

呼びかけ⑤検証結果

コメント